妊娠中でも楽しく運動! 「マタニティスイミング」のメリットと注意点

妊娠中の健康

妊娠中でも楽しく運動! 「マタニティスイミング」のメリットと注意点

お腹の中で赤ちゃんを育てる妊婦期間は、食欲や体重の増加がつきものです。太り過ぎや代謝の低下を防ぐためにも運動をしたいという女性も多いですが、体への負荷が大きいスポーツは母子ともに危険が及びます。
そんな妊婦さんにオススメなのが、「マタニティスイミング」。
では、マタニティスイミングには具体的にどのようなメリットがあるのか、注意点とあわせてご紹介します。

マタニティスイミングのメリットって?

・運動不足が解消できる
妊婦はお腹の大きさや重さ、また怪我などの危険性があるためどうしても運動不足になりがち。
運動不足になると、血行不良や体力低下を招き、赤ちゃんの成長や出産にも悪影響を与えてしまいます。マタニティスイミングは全身運動なので、体中の筋肉をまんべんなく使うことができます。水中ではお腹の重さを感じずに運動できますから、足腰への負担も少なく運動できるのも魅力です。

・ストレスが発散できる
妊娠中は運動だけでなく、普段の行動や食事などでも制限をしなくてはいけません。
長期間によるさまざまな制限で溜まってしまったストレスにも、マタニティスイミングが効果的です。水の浮力でリラックスしながら気持ちよく運動ができるため、自由に体を動かしてストレスが発散できますよ。

・血行不良を改善する
手足を動かすと血液の循環が良くなるため、血行不良による腰痛やむくみなどを軽減できます。体に不調があるからと徐々に動かなくなってしまうという妊婦さんもいますが、運動不足が原因で余計に体内循環が悪化してしまうこともあるのです。
マタニティスイミングで筋肉を維持すれば代謝を保てるため、妊娠中や産後の体重もコントロールしやすくなりますよ。

マタニティスイミングをする際の注意点

・主治医に許可をもらってから行う
危険や負荷の少ないマタニティスイミングですが、独断で始めてしまうと思わぬ事故や危険が及ぶことも考えられます。
自己判断せずに、定期検診の時などに主治医に許可をもらってから始めるようにしましょう。

・妊娠初期と臨月は行わない
妊娠初期と臨月は母子ともに状態が不安定な時期なので、マタニティスイミングを行わないようにしましょう。他にも体調を崩しているときなどは避け、体調が万全なときに行うようにしてください。

・プールが使えるか事前に確認を取る
施設によっては、安全性を考えて妊婦さんの利用を禁止していることがあります。
事前に施設へ連絡し、妊婦でも使うことが出来るか確認しておきましょう。
また、最近ではマタニティスイミングスクールというものがあり、助産師や看護師が常駐する専門の教室もあります。より安全な環境で運動するためにも、スイミングスクールも検討してみてくださいね。

・感染症対策を万全に
マタニティスイミングで最も注意が必要なのは、感染症についてです。
衛生面と安全面が管理された施設に行くのはもちろんのこと、プールに入った後は身体や目の洗浄、うがいをしっかり行いましょう。

・冷えと紫外線の対策も忘れずに
たとえ温水であっても、水に浸かったあとは身体が冷えがちです。
休憩を取る時はすぐに身体を拭き、冷えないように衣類や乾いたタオルで包みましょう。
また、屋外のプールを利用する時は万全な紫外線対策を行いましょう。

妊娠中でも楽しく運動! 「マタニティスイミング」のメリットと注意点

メリットの多いマタニティスイミングですが、感染症などのリスクも存在します。
注意点をきっちり把握したうえで、楽しく気持ちの良い水泳を行っていきましょう。

« »

column