妊活中こそ「腹巻き」を。 女性の身体に与えるメリットと選び方

妊娠中の健康

お腹でハートを作る

女性にとって「体の冷え」は百害あって一利なしな、健康美容の大敵です。
特に妊活中の女性には冷えが大敵なので、季節に問わず冷え対策が欠かせません。
そんな妊活女性におすすめなのが、冬に大活躍する「腹巻き」。
では、腹巻きをすると妊活においてどのようなメリットがあるのか、素材などの選び方とあわせてご紹介します。

妊活中に腹巻きをつけるメリットって?

お腹を腹巻きで温めると、下腹部の血の巡りが良くなります。
すると子宮や卵巣にまで十分な栄養が届き、活発に動きやすくなるのです。
妊娠において重要な器官の動きが良くなれば、ホルモンの分泌が正常化し、卵胞の発育も良くなります。つまりお腹を温めることで、妊娠しやすい身体に導くことができるのです。

また腹巻きは冬にするものというイメージが強いですが、実はクーラーや冷たい飲み物などによる「夏の冷え」予防にもなる嬉しいアイテム。
ただし、腹巻きなら何でも良い、というわけではありません。
着用感が悪いものでは、かえって身体にストレスを与えてしまいます。
では、妊活中に適した腹巻きの選び方を詳しく見ていきましょう。

妊活中に適した腹巻きの選び方

・保温性や吸湿性の高い素材を選ぶ
衣類と同じように、腹巻きの素材にもさまざまな種類があります。
一般的に多く出回っているのは、天然繊維の綿やシルク、合成繊維のナイロンやアクリルなどでしょう。
それぞれ特性が違って一長一短ですが、比較的おすすめなのはシルク製の腹巻きです。
シルクは保温性と吸湿性が高いため、蒸れを防ぎながら効率よくお腹を温めてくれます。
また、滑らかな肌触りで、肌に刺激を与えない点もメリットです。
対して合成繊維製は汗を吸わないので、夏や春など汗をかく季節にはあまりおすすめできません。合成繊維100%のものではなく、天然繊維か天然繊維との混紡素材を選んだほうが良いでしょう。

・試着をしてサイズをチェックする
窮屈な腹巻きは、かえってお腹周りの血行を悪くしてしまいます。
できることならお店で試着をして、キツくなく、程よくフィットするものを選びましょう。
なお、サイズはお腹の中で一番出っ張っている下腹部を基準にして選ぶことがポイントです。ずり落ちてくることが不快なのであれば、ウエストのくびれに沿った形状の腹巻きもありますので、探してみてくださいね。

・肌触りや縫製も確認を
いくら良い素材でサイズが合っていても、肌との相性が悪いとストレスになってしまいます。肌を刺激して、あせもやニキビの原因になることもあるのです。
肌触りや縫製の質までチェックして、長く着用できるものを購入しましょう。

妊娠中の腹巻

妊娠しやすい体を作るには、日々の継続した体内ケアが重要です。
身体の中心であるお腹を温めて、赤ちゃんを迎えやすい身体に整えていきましょう。

«

column